今は昔、「筆者って本気でやってないだけやし、本気出したら俺らも無理だよ」とおだてられてまんざらでも無かったものの、歳を重ねて本気出すも出さないも、本気を出す力がない事に気付いた筆者です。

Amazonのkindleで無料版をで何となく読んでみたらハマって早速全巻購入した本がコレ。

俺はまだ本気出してないだけ 1 (IKKI COMICS)

中古価格
¥1から
(2017/7/13 11:12時点)


あらすじ

会社員・大黒シズオは、40歳にして漫画家を目指すべく突然会社を辞めてしまう。そんなシズオと彼らの交流を描いたコメディ。

感想など

題名や映画化された事はなんとなく知っていたが、内容はさっぱり知らなくて、単純に人生の様々な課題に言い訳をつけて逃げている主人公の話かと思っていた。

確かに主人公は何事にもゆるい。その場限りに思いついたことを発言し本能で行動をしている感じがする。フィクションだよね?実在モデルがいるわけじゃないよね?と少し混乱を招きながらその生きざまに少し羨ましさを感じながらページをめくっていく。

いわゆるダメ人間の描写なのに、読者としてもそこにフォーカスするのではなく、不器用な、少し切ない。でも未来に希望を持って生きて欲しいと主人公を応援したくなるような。そんな漫画である。

各巻末にスピンオフ作品が掲載されており、またそれが心に残ったりするのである。

題名は「俺はまだ本気だしていないだけ」だが感想は「俺はいつも本気だしてる」だな。

俺はまだ本気出してないだけ 1 (IKKI COMICS)

中古価格
¥1から
(2017/7/13 11:12時点)